プラスRで骨盤底筋を間接的に強化
骨盤底筋トレーニング+Rトレーニング

+R。プラスR。骨盤底筋。骨盤底筋体操。骨盤底筋群。直接強化の骨盤底筋トレーニング+間接強化のRトレーニング
尿失禁予防・改善体操ホーム
尿失禁予防・改善体操はじめに
尿失禁予防・改善体操レポートを無料立ち読み、試し読みする
尿失禁予防・改善体操ご購入いただくには
尿失禁予防・改善体操レポートを読むために必要なもの
尿失禁予防・改善体操特定商取引法に基づく表示
尿失禁予防・改善体操1週間待ってもメールが届かない場合
尿失禁予防・改善体操お申込前にお読みください
尿失禁予防・改善体操追加記事まとめ
尿失禁予防・改善体操ご購入
尿失禁予防・改善体操尿失禁とは
尿失禁予防・改善体操尿失禁外来リンク
尿失禁予防・改善体操お問い合わせ
尿失禁予防・改善体操サイトマップ
尿失禁予防・改善体操追加記事まとめ
体にやさしく・体にゆっくり
体や顔は、やさしく洗う。
部屋と部屋の温度差は小さく。
お風呂の温度は40℃から41℃。
体を締め付けるものは着ない。

・・・
     
体にやさしく・体にゆっくり
イエスノーで尿失禁のタイプがわかります。  
     
タバコをやめたい
と常日頃から思っているあなたは
必ずやめられます

     
赤い口紅と言えば、ランコムの赤
     

頭皮用外用薬
診療所の処方薬
通常は服用薬も処方されますが
心疾患には適用外となることも
まず毛根と血液の検査から
       

ココナッツオイル
中鎖脂肪酸
約25℃以下で固形化
東京・新宿・伊勢丹
       
「尿失禁 予防・対策のための
セルフケアトレーニング」を教材とした
セミナーを承ります。
骨盤底筋トレーニング
(骨盤底筋体操)の解説も
カリキュラムに含まれます。
ご連絡は「お問い合わせ」より
お願い申し上げます。
    
    
    
尿失禁 予防・対策のための実践トレーニング。尿トレ。販売コマーシャルサイト
尿失禁外来

初期の尿もれ対策には、運動療法がファーストチョイスです。
定番の骨盤底筋体操に3種類の体操を組み合わせた
セルフケアトレーニングを提案いたします。

骨盤底筋群(ペリネ)は、強力な肛門挙筋を中心とした筋肉群で、尾骨から恥骨にわたっています。
その全体を触れることはできませんが、
肛門や膣を胃の方に吸い上げるような感じで締め上げて、肛門周囲の外肛門括約筋が硬くなったことが確認できれば、骨盤底筋もいっしょに動いています。

感覚的には、骨盤底筋全体が後ろの方に引っ張られたような感じになります。
これが骨盤底筋トレーニングです。

骨盤底筋群を理解するための図解。骨盤底筋群トレーニング尿トレ説明図

現在も、骨盤底筋をトレーニングする方法は、こうした直接的な方法が主流です。
しかし、近年、肛門や膣を締めるとともに、大臀筋(お尻の筋肉)を締めるようにすることで骨盤底筋群の一部である外尿道活約筋や外肛門活約筋に効果的な影響を与えるとされる観点が現れてきました。

そこで、こうした観点でトレーニングの選択を行ない、試行・実践・継続した結果、以下の筋肉群、または筋肉に対するトレーニングに絞り込みました。

まず一つ目は、冒頭で触れました骨盤底筋体操(ケーゲル体操)です。従来からあらゆる医療機関で推奨されている運動療法です。弛緩してしまった骨盤底筋群を直接的に強化しようとするわけですから必然的に重いトレーニングになりますが、やはり多少の効果を感じますので、ベーストレーニングに位置づけました。

二つ目は「背筋」、三つ目は「腹筋」です。
骨盤底筋体操の締め上げを一時的に維持する際に効果を実感します。

四つ目の<R体操>は、前述の外肛門括約筋と大臀筋(お尻の筋肉)を鍛え、間接的に骨盤底筋群の働きを強化しましょうという視点に立った体操です。
また、この体操を行なうことによって、骨盤底筋体操(ケーゲル体操)の負担が軽減されますので、いままで以上に継続しやすくなります。そこからは、前向きな気持ちも生まれますし、改善へのさらなる意欲が湧いてきます。

継続の容易さは、再発予防の可能性をサポートします。
(立ち読み)

女性 骨盤底筋体操を理解するための図解。直接強化の骨盤底筋トレーニング+間接強化のRトレーニング。


図をクリックすると拡大します



男性 骨盤底筋体操を理解するための図解。直接強化の骨盤底筋トレーニング+間接強化のRトレーニング。




<電子小冊子の表紙>
尿失禁外来

価格 2,100円
事務手数料・消費税を含みます。


電子小冊子の一部を
お読みいただけます。

骨盤底筋トレーニングの
部分だけでも
尿失禁対策には効果が
期待できます。

是非お試しください。


以下の
「小冊子を立ち読みする」
をクリックしてご参照ください。



小冊子を立ち読みする


※骨盤底筋体操が骨盤底筋に効果を与えているかの動きをチェックする目的で、

入浴中に指を腟内に挿入して確認するなどの行為は感染の原因となりやすいため

行なわないでください。

     

■骨盤底筋トレーニング+3種類の体操で効果が期待できるのは
以下の症状です。

●腹圧性尿失禁
くしゃみ、せき、笑うなどで起きてしまうタイプの尿漏れ

●切迫性尿失禁
トイレの回数が多い  がまんしにくい
尿意を感じてからトイレに行くまでに
もらしてしまうタイプの尿失禁

●混合性尿失禁
「腹圧性」と「切迫性」の症状が混合している




尿失禁外来
<英語版>
English version
Prevention and an improvement
Incontinence
Selfcare Training

 

ご注文の際にご記入いただくメールアドレスは、お間違えのないようよろしくお願い申し上げます。

   

尿失禁外来
■Q&A これから骨盤底筋体操を行なう方々へ
初期尿もれや尿失禁改善トレーニングとして定番となっている骨盤底筋体操は、女性の尿失禁の80%は改善できると言われるほど、その効果には少なからず実績があります。
著者も幸いその効果を実体験することができましたが、たいへんにハードなトレーニングです。
本サイトでお答えできる疑問点について以下にまとめました。

問>回数は何回くらいがよいのでしょうか?
答>始めは10回くらいからスタートして少しずつ増やしていきましょう。
ご参考として、書籍やネット上に記載されているいくつかの主なトレーニング回数です。
(回数が増加する順位で記載)
1、「引き締め」を1日10−50回
2、「引き締め」を1日100回
3、1日100回、1−3カ月が目安
※期間として1−3カ月を目安とするものが多く見受けられます。
短いケースでは2週間くらいで効果を感じられたというものから、
長いケースでは約1年。 ケースバイケースです。
4、「引き締め」を5分から始めて、徐々に10分から20分に時間延長。朝・昼・晩。
※計算上ですが、1分間に10回として50回 → 100回 → 200回と延ばしていき、
これを、朝・昼・晩ですから、1日計算ではなんと600回にもなります。

名古屋大学のある資料の要点は以下の通り。
@「引き締め」を3秒程度から開始して、徐々に延長する。
A最長12秒までが望ましく、これ以上は筋肉にダメージを与えるとされる。
B1日あたり合計して50〜80回を分割して行なう。

どこまで増やすかは、ご自身の体力や生活リズムに合わせて決めましょう。

問>1回は何秒くらいでしょうか?
答>始めは「5つ数える」(5秒くらい)からスタートして、少しずつ増やしていきましょう。
実践的には「5つ数える」くらいに程よさを感じましたので、
小冊子にも「5つ数える」を推奨しています。
どこまで増やすかは、ご自身の体力や体調、効果の感じ方などによります。

   

問>まだ始めたばかりです。
5つまで数える前に力がゆるんでしまって続けることは難しそうですが?
答>これから強化トレーニングを行なわれるのですから無理のないことです。
書いてある通りにできないからといってやめる必要はありません。
少しずつ地道に続けましょう。
相当無理をして体を痛めることになってはいけません。
自分のペースで行なうことが大切です。

問>秒数などを声に出してカウントした方がよいですか。?
答>声に出す必要はありません。引き締めている骨盤底筋に意識を集中しましょう。

問>仕事をしているので、体操をまとめて夜に行なうのですが、疲れてしまって長続きしません。
答>「トレーニングをしていても、していなくても、見た目はわからない」
このトレーニングの短所でもあり、長所でもあります。
インターネット上のトレーニング動画をご覧になってもおわかりいただけると思います。
従って、電車の中、デスクワーク中など、どんなシーンでもトレーニングはできます。
いくつかの体位が紹介されていますが、どのような体位で行なっても効果・改善は十分に期待できます。
一日分を朝昼晩などに分割して、ご自身の都合のよい場所で行ないましょう。

問>トレーニングの応用として、姿勢を変えて行なう記述があります。何が違うのでしょうか?
答>姿勢を変えてもそのエッセンスは何も変わりません。
骨盤底筋に意識を集中しやすい点、
骨盤底筋以外の筋肉などを緩めやすい点を重視したいと思いますので、
仰向けに寝て行なう方法をお奨めいたします。
骨盤底筋体操のポイントは2つしかありません。
1、肛門と膣を胃の方に吸い上げるような感じで締めあげます。
2、締めあげたら、骨盤やその周囲の筋肉を意識します。

問>骨盤底筋を鍛えたいと思いますが、どこに力を入れればいいか、わかりません。
答>尿意をがまんする時に力が入るところが骨盤底筋。
おならや排便をがまんする時に力を入れる筋肉も骨盤底筋。
次に<テレビ・ラジオなどで取り上げられた改善方法>という項目を設けてあります。
これは骨盤庭筋体操について、皆さまが少しでもわかりやすい表現に出会えるよう、
テレビ・ラジオなどで報じられた様々な表現を掲載しております。
是非ご参照ください。
     
※排尿中に骨盤底筋体操は行なわないでください。
頻尿、乏尿、排尿困難などの排尿障害や腎障害などを起こす場合があります。
     
      
このページのTOPに戻る 「Ctrl」+「Home」
      
尿失禁外来
■テレビ・ラジオ・新聞などで取り上げられた改善方法
■NHK
2014年8月9日(土)
チョイス@病気になったとき
おしっこの悩み<アンコール>


●「骨盤底筋体操」
尿道を締める筋肉を鍛える体操。
筋肉を鍛えることで頻尿対策。予防にもなる。
<方法>
・尿道や肛門を3〜5秒締める
・1セット20回を1日4〜5セット
(1から2ヵ月で効果が期待できるので3ヵ月継続するのが目安)

●「ぼうこう訓練」
(骨盤底筋体操で締める力を蘇らせた。その筋力を使って実際に尿意を感じたらトイレに行かず、尿道を締めてみる)
尿を我慢して、ぼうこうを拡大する訓練。最初は5分程度から、尿意を催しても我慢し、徐々に排尿の間隔をあけるようにする訓練。
※「骨盤底筋体操」や「ぼうこう訓練」は、1〜2か月で効果が出てくる。

「NHK健康ホームページ」から抜粋
( )内はオンエアから抜粋

出演した専門家は・・・
日本大学教授
日本大学医学部附属板橋病院 泌尿器科
高橋 悟(たかはし・さとる )様














■TBSテレビ
2014年6月8日(日)
健康カプセル ゲンキの時間
第110回 尿トラブル

骨盤底筋体操について次のようなフリップが放映されました。

身体の力を抜いて肛門や尿道辺りの筋肉を締めたり緩めたりを繰り返す。

10回を1セットとして1日5セットが目安。














<POINT>・・・肛門
肛門や尿道辺りの筋肉
■朝日新聞
2013年10月26日(土)
元気のひけつ
主題=体操で半数以上が改善
副題=骨盤底筋を鍛えて尿もれを防ぐ

< 前略 >

この筋肉を鍛えるのが「骨盤底筋体操」。
日本排尿機能学会が今秋作った診断指針で、体操が、尿もれの半分を占める腹圧性の尿もれの第一線あくの治療法に位置づけられた。
どんな体操なのか。NPO法人日本コンチネンス協会長の西村かおるさんにうかがった。
基本は肛門や膣を引き上げるような感覚で骨盤底筋を締め、そしてゆるめるを繰り返す。
シンプルな動作だが、お腹に力を入れる場合も多く、正しく動かすのが難しい。
「まず骨盤底筋を探しましょう」と西村さん。お風呂で肛門周辺をさわると、正しく動いているか分かる。
服の上からなら、尾骨の先端を指でおさえて締め、尾骨が内側にずれれば、正しく締めている証拠という。

< 中略 >

体操の効果に関して、2007年に、東京都健康長寿医療センターの金憲経(キムホンギョン)・研究副部長たちが報告している。
腹圧性の尿もれが月1回以上ある、都内の70歳以上の女性70人を対象に、骨盤底筋体操を中心に様々な体操をするグループと、しないグループに分けて調べてみた。
1回1時間の体操を週2回3カ月続けた方は、尿もれしなくなって人が50%に達したが、体操をしなかった方は9%だった。
「外出を控える人が減り、体操によって歩く速度が増すなど体力も向上した」と金さん。

< 中略 >

体操の基本
1、脚を肩幅に開き体の力を抜く
2、肛門と膣を締めて、ゆるめる
3、速く締める(5回)と締めたまま5秒(5回)を1セットに1日10セット目安

いろいろな姿勢で
@仰向けに寝て
A椅子などに座わって
B机にもたれて
Cひじやひざをついて(四つん這い)


インフォメーション
日本コンチネンス協会のホームページ
http://www.jcas.or.jp/には医療機関の紹介や電話相談の案内がある。
ユニ・チャームの「尿もれケアナビ」
http://www.nyoucare.jp/には診察・治療の際のアドバイスも。
アステラス製薬「排尿トラブル改善.com」
http://www.hainyou.com/には男性向け情報もある。





























<POINT>・・・尾骨
お風呂で肛門周辺をさわると、正しく動いているか分かる。
服の上からなら、尾骨の先端を指でおさえてから、骨盤底筋を締める動作を行なう。尾骨が内側にずれれば、正しく締めている証拠という。
続きを読む  ←  マスコミで紹介された改善方法をストックしてあります。
      
      
      
仙骨のツボ
※まず、病院で症状の原因を調べていただきましょう。
■骨盤底筋を刺激するツボ
仙骨は、脊椎の下部に位置する大きな三角形の骨で、骨盤の上方後部であり、くさびのように寛骨に差し込まれている。
その上部は腰椎の最下部と結合しており、下部は尾骨と結合している。
以上<ウィキペディアより引用>

この「仙骨」にあるツボから骨盤の中に神経が伸びています。
軟式の野球ボールなどをツボの場所に置いて、その上に体を乗せ30秒押すと効果的で、1日2回までが目安。
やりすぎると筋肉痛になるなど逆効果だといいます。

取材協力
北里大学東洋医学総合研究所
漢方鍼灸(しんきゅう)治療センター
副センター長  伊藤 剛さん
以上<NHKあさイチHPより引用>

その他のツボ
■会陽(えよう)
■横骨(おうこつ)
も軽くやさしく刺激しておきましょう。
※ツボの位置・方法などは検索してください。

仙骨のツボは、以下の症状にも軽減が期待できます。
※まず、病院で症状の原因を調べていただきましょう。
平常時尿道の軽度違和感
排尿回数が多い(頻尿)
排尿の出始め(初尿)時の軽度違和感
排尿に勢いがない(尿流量低下)
終尿時尿切れが悪い
排尿後尿もれ(排尿後尿滴下)

2〜3週間継続して改善の兆しが認められた場合は
さらに続けてみましょう。

仙骨のツボ

うしろから押します。
尿失禁外来
■その他の尿失禁対策に関するツボ
■尿失禁のつぼ
三陰交(さんいんこう)
腎兪(じんゆ)
横骨(おうこつ)
関元(かんげん)
中極(ちゅうきょく)
会陽(えよう)
次りょう(じりょう)(右図参照)
曲骨(きょくこつ)

■頻尿のつぼ
腎兪(じんゆ)
横骨(おうこつ)
関元(かんげん)
中極(ちゅうきょく)
太谿(たいけい)
水分(すいぶん)
気海(きかい)

■残尿に効くツボ
横骨(おうこつ)
志室(ししつ)
関元(かんげん)
曲骨(きょくこつ)







仙骨のツボ次りょう
      
尿失禁外来
      
■外出でも安心。おすすめします。尿もれ対策用品

   

尿もれパッド(軽失禁パッド)(下着などににつけるタイプ)少量タイプから多めタイプまであります。

パンツタイプ(下着として着用するタイプ)薄型と厚型があります。

パンツタイプとテープ式タイプが一体になった2wayパンツタイプ(テープ式にもなるパンツ・花王リリーフ)

吸水パッドのついた下着・・・男性用はトランクスタイプもあります。パッドをずらせば、前を開いて排尿できます。消臭機能タイプが主流です。

男性器にかぶせて使用するポケット型の吸収パッド   

   

おむつパッド選びのポイントは、いつ、どこで、どんな状況で、どのくらいの量を想定されるかです。

   

   

尿量の目安は・・・

下着に染みる・・・2〜5ミリリットル

洋服に染みる・・・5〜15ミリリットル

足に伝う・・・15〜50ミリリットル

床にもれる・・・50ミリリットル以上

   

(NHKテレビテキスト「きょうの健康」から抜粋)




   

尿もれ対策用品に関する検索語

吸水ケア

フェミニンケア

吸水ナプキン

吸水パンティライナー

尿失禁パンツ

尿漏れショーツ

尿漏れ パンツ 女性

尿漏れ パンツ 男性

尿漏れパッド

   

花王 ロリエ フリーデイ TOPページ
http://www.kao.co.jp/freeday/index.html

   

使ってよかった!フリーデイ〜みんなの声〜
http://www.kao.co.jp/freeday/voice/index.html
      
花王 リリーフ 製品一覧
http://www.kao.com/jp/relief/index.html
      
ユニチャーム ライフリー
http://www.unicharm.co.jp/lifreebrand/index.html
      
ユニチャーム ナプキン型尿ケアパッド
http://www.unicharm.co.jp/lifreelight/sawayaka-pad/index.html
      
ユニチャーム スリムウェア
吸水下着 <女性用><男性用>
http://www.unicharm.co.jp/slimwear/index.html
      
クレシア ポイズ
ポイズ<尿ケア専用品のパイオニア>
https://www.poise.jp/poise/sample/
      
白十字のサルバブランドサイト
http://www.hakujuji.co.jp/salva//

質問に答えるだけであなたに最適なおむつが選べます
検索語 → 「はじめてのカンタンおむつ選び」
女性用軽度尿失禁製品・男性用軽度尿失禁製品
検索語 → 「YOUYOU尿ケア用品」
      
・・・アウトサポート項目・・・・・・
ユニチャーム Gガード
下着汚れを防ぐ おしりにフィットする立体形状パッド
http://www.unicharm.co.jp/gguard/index.html
      
生理用ナプキンは尿の吸収には適しておりません。
肌荒れを起こす場合もありますので、尿専用品のご使用をお奨めいたします。
      
     
このページのTOPに戻る 「Ctrl」+「Home」
      
      
■病院に行きましょう

本サイトでは、「病院・団体リンク」に
「尿失禁外来」(専門外来)を設置して積極的な取り組みをしている病院のサイトをリスト化しています。

ご参照ください。
尿失禁外来・・・尿失禁 尿漏れ(尿もれ)。「尿失禁外来」、「泌尿器科」、「産婦人科」を訪ねましょう。
eee!
     
     
     
このページのTOPに戻る 「Ctrl」+「Home」
      
尿失禁外来
■器具について
骨盤底筋トレーニングに関する器具を列挙しています。
リンクはございませんのでご自身でご確認ください。
参考価格は目安です。ご自身でご確認ください。

      
■ひめトレ
ストレッチポール<R>ひめトレは骨盤底筋を鍛える器具(尿トレ)。
サイズ:長さ約20.5cm×幅約4.5cm×高さ約4cm
平成25年4月1日リニューアルパッケージで販売開始!
<参考価格 \2,835(税込)>

■ケーゲルマスター
ケーゲルマスターは海外の製品で、失禁症の解消を目的とした女性専用の骨盤底筋 トレーニング器具。
<参考価格 \10,800(税込)>

■尿漏れ対策 ヒップトレーナー(キュッとひきしめ ヒップトレーナー)
股に挟んで開閉するだけ。緩んだ下半身の筋肉を集中トレーニング。男女兼用。(広告文より抜粋)
<参考価格 \1,980(税込)>

■フェミスキャンホームトレーナー(医師の指導のもとで使用する筋電計)
女性の尿失禁を家庭で治療するためのもので、
バイオフィードバック・トレーニングが行なえます。
骨盤底筋を正しくトレーニングできているかわかります。
「締める」「開く」の音声指導があります。
※バイオフィードバック・トレーニング・・・訓練の状況を目と耳で確認しながら行なえるトレーニング

■フェミフィット・・・femifit
膣圧を高めるトレーニングアイテムで尿漏れ対策
「フェミフィットで若返る」書籍&DVD
<参考価格 \10,290>

こんな商品もあります。
ケーゲルエクササイザー
ケーゲルバギナバーベル

■コンビーン 男性用尿失禁管理製品
(コンビーンシース型收尿器・コンビーン外部蓄尿袋)

コンビーン シース型収尿器は
コンパクトで目立たず、臭い漏れの心配もない
コンドーム型収尿器とも呼ばれるもので
ペニスに直接装着する男性用の尿失禁管理製品。
サイト内に動画があります。
検索語 → 「コンビーン 男性用尿失禁管理製品」


尿失禁外来
■薬について
尿もれに関する初期ステージでの薬について列挙しています。
参考価格は目安です。ご自身でご確認ください。

●猪苓湯合四物湯(ちょれいとうごうしもつとう)
残尿感、排尿痛。<参考価格 \5,990(税込)>

●加味逍遙散(かみしょうようさん)
<参考価格 \9,450(税込)>

●八味地黄丸(はちみじおうがん)
排尿困難、頻尿の人に効きめをあらわす漢方薬。<参考価格 \4,515(税込)>

●牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)
尿量多尿。<参考価格 \5,029(税込)>

●清心蓮子飲(せいしんれんしいん)
残尿感や頻尿などの症状を徐々に改善する医薬品。
ユリナール 顆粒 18包<参考価格 \2,227(税込)>

●知柏壮健丸(ちばくそうけんがん)
尿もれ・頻尿・残尿感などの改善に効果がある漢方薬。医薬品。<参考価格 \3,780(税込)>

●ハルンケア
体力低下、下半身の衰え、手足冷えを伴う「軽い尿もれ」、「頻尿」、「残尿感」、「尿が出渋る」の症状の緩和。
<参考価格 \3,937(税込)>

●ジェントスルーコーワ細粒
不快な排尿トラブルが改善し、次第に正常な状態にする製剤です。 疲れやすく、口に渇きなどがある方の排尿困難、夜間尿、頻尿などの症状に効く10種の生薬の抽出エキスをのみやすい細粒にしました。 第2類医薬品。
<参考価格 \5,040(税込)>

■サプリメント
ノコギリヤシ
「頻尿」、「残尿感」などの症状緩和。<参考価格 \2,990(税込)>

■非分類
ぐみの実
「キュッと引き締まる酸味の山グミなど、エキス化した5つの素材が引き締めをサポート。
山グミエキス末、烏賊骨(うぞっこつ)エキス末、山芋エキス末、桂皮エキス末、烏梅(うばい)エキス末
<参考価格 \7,700(税込)>

      
     
このページのTOPに戻る 「Ctrl」+「Home」
      
尿失禁関連書籍,尿失禁外来
■尿失禁を調べる・・・尿失禁関連書籍のリスト

※尿失禁関連の本を作者・著者なども併記してリスト化しました。

※著者j順不同

※共著の場合は1名のみ記載 ※著者敬称略

※著者は医療・看護・介護関係者
       

尿失禁のコントロール―やればできる (南江堂ヘルスガイド)
阿曽 佳郎
 著

    

尿失禁は自分で治せる―正しく歩いて、安心生活
安東 春樹 著

    

尿失禁・認知症ケア マンガでリアルに対処法
内田 陽子
 著

    

頻尿・尿意切迫・尿失禁は自分で治せる―ペポカボチャの種子オイルで排尿トラブル解消!
小川 秀弥
 著

    

泌尿器ケア2008年冬季増刊 尿失禁&女性秘尿器科疾患のケア (泌尿器ケア 08年冬季増刊)
加藤 久美子
 著

    

尿トラブルは自宅で治せる (プレミア健康選書)
サラッと快適生活―尿もれ・尿失禁は自宅で治せる(東洋経済新報社)
楠山 弘之
 著

    

徹底ガイド 排尿ケアQ&A (ナーシングケアQ&A 12)
後藤 百万
 著

    

尿失禁と骨盤臓器脱の手術 (新Urologic Surgeryシリーズ 5)
高橋 悟
 著

    

おむつを外し尿失禁を改善する―排泄自立の理論と実践 (竹内孝仁の実践介護学)
竹内 孝仁
 著

    

55歳からはお尻を鍛えれば長生きできる
武内 正典
 著

    

尿もれ・尿失禁―意外に多い女性の悩みを解消する (女医さんシリーズ)
中田 真木
 著

    

尿失禁予防のアクティビティ ビジュアル版介護予防マニュアル 6 運動器の機能向上に
中田 晴美
 著

    

頻尿・尿失禁の治療法 本人とその家族のために
福井 準之助
 著

    

尿失禁のコントロール―やればできる (南江堂ヘルスガイド)
阿曽 佳郎
 著

    

女性に多い泌尿器トラブル (主婦の友健康ブックス) 女性の尿失禁・膀胱炎・腎盂炎など
真下 節夫
 著

    

尿もれ・尿失禁・頻尿をピタッと止める!(ふく書房)
宮原 誠
 著

    

尿失禁、あきらめないで (すてきにヘルシー)
横山 英二
 著

    

おしっこの話 Part2 尿失禁・おねしょ
並木 幹夫
 著

    

尿失禁ケアマニュアル
鎌田 ケイ子
 著

    

「トイレが近い」を解決する本
頻尿・失禁に特製「計尿カップ」が威力!
鈴木 康之
 著

    

婦人泌尿器科へようこそ
女性の気になる病気の安心ガイド
奥井 識仁
 著

    

     
このページのTOPに戻る 「Ctrl」+「Home」
      
尿失禁外来
■尿失禁を調べる・・・
「尿失禁外来」(専門外来)を設置して積極的な取り組みをしている病院のサイトには新しい情報が掲載されています。
本サイトでは、「病院・団体リンク」に
専門外来として、「尿失禁外来」を設置する病院を
リスト化しています。
いくつかのリンク先には、
最新の尿失禁に関する情報が記載されていますので、
ご自身の症状を振り返りながら参考にしましょう.。
尿失禁外来・・・尿失禁 尿漏れ(尿もれ)。「尿失禁外来」、「泌尿器科」、「産婦人科」を訪ねましょう。
eee!
    
■体操名の表記や内容について


「骨盤底筋体操」は、「骨盤底体操」や「骨盤底筋群体操」、「ケーゲル体操」、「キーゲル体操」など様々な名称がありますが、体操の内容に大きな違いはありません。また、体位変換などによって違う体操のように記述しているものもありますが、体操の内容に大きな違いはありません。


■尿失禁の英語名は・・・

尿失禁を英語に訳すと「incontinence」
腹圧性尿失禁・・・abdominal pressure‐induced incontinence
切迫性尿失禁・・・impending incontinence
混合性尿失禁・・・mixed incontinence


小冊子の一部を
お読みいただけます。

骨盤底筋トレーニングの部分だけ
でも尿失禁対策には効果が
期待できます。
是非お試しください。

以下の
「小冊子を立ち読みする」
をクリックしてご参照ください。


<小冊子の表紙>


価格 2,100円
事務手数料・消費税を含みます。

小冊子を立ち読みする

      

      

      

「骨盤底筋 図解」簡易参考図
骨盤底筋体操を理解するための図解。直接強化の骨盤底筋トレーニング+間接強化のRトレーニング。
      

   

   

   

   

   

   

   

   

   

尿失禁外来
      

   

■総合リンク
イージーフォーム HP検索ナビ ホームページ相互リンク集 電動自転車の通信販売 ビジネスの始め方
ANA全日空の航空券の購入 手数料の安いFX会社 検索エンジンCKE
検索エンジンCKE
尿失禁体操「尿失禁 予防・対策のためのセルフケアトレーニング」 TOPへ

   

   

Copyright (c) YOODA 2011 All rights reserved.